ニュース
» 2007年08月28日 17時02分 UPDATE

Yahoo!JAPANの利用時間、4分の1がオークション

Yahoo!JAPANはオークション、gooはブログ、MSNはメールと、利用時間の長いコンテンツはポータルサイトごとに大きく異なるという調査結果が出た。

[ITmedia]

 Yahoo!JAPANはオークション、gooはブログ、MSN/Windows Liveはメール――ネットレイティングスが8月28日に発表した7月のポータルサイト利用時間調査で、利用時間の長いコンテンツがサイトごとに大きく異なるという結果が出た。

 総利用時間トップはYahoo!JAPANで、86億3034万分と2位のMSN/Windows Live(4億8371万分)の約18倍だった。3位はGoogle(4億5843万分)、4位はgoo(4億1937万分)。1人当たりの月間平均利用時間もYahoo!JAPANが最長(3時間30分)で、2位以下がMSN(26分)、Google(24分)、goo(23分)の順だった。

 Yahoo!JAPANはオークションの利用時間が最も長く、総利用時間の26%を占めた。次いでトップページが15%、メールとニュースがそれぞれ7%だった。

 MSN/Windows Liveでは、メール(HotmailとWindows Live mail)利用時間が最も長く34%、次がMSNトップページ(21%)、検索(17%)という順だった。


画像 Yahoo!JAPAN
画像 MSN/Windows Live

 Googleは検索が74%と大半で、次がGmailの6%。gooはブログが23%、メールが8%、Q&Aサービス(教えて!goo)が7%だった。


画像 Google
画像 goo

 同者の萩原雅之社長は「メールやニュースなどのサービスは共通して利用時間が長く、ポータルに欠かすことができないコンテンツになっている」とコメントしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -