ITmedia NEWS >
ニュース
» 2007年08月29日 09時57分 UPDATE

Windows Vista SP1のβ版が流出

これまでVista SP1について口を閉ざしてきたMicrosoftだが、新たなβ流出で、SP1リリース日を明らかにするかもしれない。

[Steven J. Vaughan-Nichols,eWEEK]
eWEEK

 8月初めから、Windows Vista Service Pack(SP)1のβ版がPirate BayなどのBitTorrentサイトに出回り始めていた。8月24日ごろの週末には、これらのサイトに新たなβ版が現れた。

 最初のSP1β版は、8月初めに3.2GバイトのDVD ISOとしてハッカーサイトに登場した。このバージョンはフルバージョンのWindows Vistaをインストールするのにしか使えなかった。これ自体は、SPというよりは、提案されたパッチのテストプラットフォームだった。だが最近流出したばかりのバージョンは、システムアーキテクチャーにもよるが、約200Mバイトの圧縮ファイルを展開すると、約684Mバイトのインストレーションプログラムになる。冒険心のあるVistaユーザーは、これを使って自分のVistaシステムをSP1βにアップデートできる。

 このβには「Vista updates installer 32bit-Pre-sp1-Aug25th-2007」というラベルが付いている。「Vista 64bit (x64)Updates installer sp1 preview August 24th 2007」というx64バージョンもある。いずれのバージョンも自らを「Vistaパフォーマンス、互換性、信頼性パック」と称している。Vistaのアップデートのほかに、このパッチにはAdobe Flash PlayerとSun Javaの最近のバージョンも入っている。

 このβをよく見てみると、プラットフォームに関係なく、「Build: 6.0.6001.16633(longhorn.070803-1655)」という名前が付いていることが分かる。インストールすると、少なくともパッチを適用したVista Ultimateのバージョンの1つでは、Vista Ultimate Service Patch 1 v165を実行していると表示される。

 現時点では、このSP1βがVistaに加える改善点についてはほとんど情報がない。Vistaユーザーはハード、ソフト、品質全体などについて多数の不満を訴えており、修正すべき問題は多数ある。おそらくSP1は、そうした問題に対処するだろう。

 企業はVistaのリリース以来、少なくともVista SP1のリリース予定を明らかにするよう求めてきた。Vistaに問題があることは周知だが、それとは無関係に、企業は「.0」リリースのOSに移行することに消極的だ。

 Microsoftはアナリスト、マスコミ、顧客から問われても、SP1について堅く口を閉ざしてきた。同社はSP1よりも、2010年に出るVistaの後継版Sevenの話をすることにずっと関心を持っているようだ。

 だが今回、Vista SP1のα版あるいは早期β版と思われるものが流出したことで、Microsoftはようやく、少なくとも待望のSP1のリリース日を発表する用意をしているだろう。正式版投入前に、「公式」Vista SP1βを提供する可能性も高そうだ。

関連キーワード

Windows Vista | β版 | パッチ


原文へのリンク

Editorial items that were originally published in the U.S. Edition of “eWEEK” are the copyrighted property of Ziff Davis Enterprise Inc. Copyright (c) 2011. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -