ニュース
» 2007年08月30日 15時59分 UPDATE

Second Lifeに身元確認システム。成人エリア入場に利用

Second Lifeの成人向け区域に入るには、新しい身元確認システムで18歳以上であることを証明しなければならない。

[ITmedia]

 3D仮想世界Second Lifeを運営するLinden Labは8月29日、仮想世界の住人の身元を確認するシステムを立ち上げた。

 この新システム「Identity Verification(IDV)」は、Second Lifeユーザーが入力した個人情報(免許証番号やパスポート番号、社会保障番号の下4けたなど)を既存の公開記録のデータベースと照合して、ユーザーの身元を確認する。このシステムは認証技術・データサービスを手がけるAristotleのIntegrity Identity技術を利用している。現時点ではβ版で、今後すべてのSecond Life住人に展開される。

 IDVシステムの利用は任意だが、18歳以上でなければ出入りできない区域に入るには、このシステムで18歳以上であることを証明しなければならない。身元確認に使ったデータはLinden LabにもIntegrityにも保存されず、単に年齢などの確認に利用される。確認プロセスはSecond Lifeのサイトの「my account」セクションで利用でき、2分弱で完了するという。

関連キーワード

Second Life | 仮想世界 | Linden Lab


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -