ニュース
» 2007年08月30日 18時03分 UPDATE

AMD、SSE5を発表

SSE5は、これまでRISCアーキテクチャーでしか利用できなかった機能を取り入れている。

[ITmedia]

 米AMDは8月30日、新しいx86拡張命令セットSSE5を発表した。

 SSE(Streaming SIMD Extensions)とは、x86アーキテクチャー向けのSIMD(Single Instruction, Multiple Data)命令セット。複数のデータを一度に処理できる特別な命令を使ってソフトの性能を高めるためのものだ。

 最新のSSE5は、これまで専門のアーキテクチャーにしかなかった機能を取り込むことで、各命令の出力を最大にし、コードベースを統合するという。その機能とは、3オペランド命令とFused Multiply Accumulate(FMA)命令の処理だ。

 前者は、x86命令が処理できるオペランドの数を2から3に増やし、複数のシンプルな命令を1つの命令に統合する。現時点ではRISCアーキテクチャーでしか実行できない機能という。

 またFMA命令は、乗算と加算を統合して、1つの命令で反復的な計算を可能にする。コードが簡略化されることで、リアルなグラフィックスシェーディングや複雑なフォトレンダリングなどを高速に実行できるようになるという。

 SSE5は2009年に登場するAMDの次世代コア「Bulldozer」ベースの製品に実装される。AMDは開発者向けサイトで仕様を公開している。

関連キーワード

AMD | x86


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -