ニュース
» 2007年09月01日 08時18分 UPDATE

SanDisk、低価格PC向けにSSD投入

Intelの教育市場向け低価格ノートPC「classmate PC」への搭載が決定しており、量産開始は第4四半期の予定。

[ITmedia]
yu_ussd.jpg

 米SanDiskは8月31日、教育市場向け低価格PCをターゲットとした新SSD(Solid State Drive)「uSSD 5000」を発表した。Intelの教育市場向け低価格ノートPC「classmate PC」への搭載が決定しているという。

 uSSD 5000はUSBモジュールで、HDDの代わりに直接マザーボードへ組み込む形式。Windows XP Professional、Windows XP Embedded、Windows Embedded for Point of Service、Windows CE、Linuxなどをサポートする。シングルレベルセル(SLC)と同じサイズでデータ容量の倍増が可能な、マルチレベルセル(MLC)技術を採用、コスト削減を実現した。容量は2G〜8Gバイト、サイズは27×38ミリで、1.8インチHDDの約4分の1程度になる。

ussd2

 1カ月以内に顧客向けのサンプル出荷を開始し、量産開始は第4四半期の予定。

関連キーワード

SSD | Intel | SanDisk(サンディスク)


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -