ニュース
» 2007年09月05日 17時58分 UPDATE

トーマツの監査先情報がWinnyで流出

[ITmedia]

 監査法人トーマツは9月4日、職員の自宅PCがWinnyのウイルスに感染し、監査先情報の一部がWinnyネットワークに流出したと発表した。

 西日本新聞社など監査先24社の業務に関わる資料と、監査先の取引先個人情報約7000件が流出した。流出は8月29日に確認。流出した情報の不正利用は確認していないとしている。

 同法人は業務用PCには最大限のセキュリティー対策を施し、自宅PCへの業務データの保存は禁止していたという。だがルールの徹底が不十分だったとし、改めてルール徹底を指示。全社員・職員に文書で誓約書を書かせるとしている。

関連キーワード

Winny | ウイルス


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -