ニュース
» 2007年09月12日 08時29分 UPDATE

「インクジェット的」投薬パッチ、HPが技術ライセンス供与

HPはインクジェット技術をもとに開発した「スキンパッチ」技術を、アイルランドの医薬機器企業にライセンス供与する。

[ITmedia]
yu_hppatch.jpg

 米Hewlett-Packard(HP)は9月11日、皮膚にはることで薬を投与する「スキンパッチ」技術を、アイルランドの医薬機器開発企業Crosponにライセンス供与すると発表した。CrosponはHPにライセンス料を支払い、パッチを商品化する。

 パッチでは薬の分量や投与時間を調整することが可能な上、過去の投与量や患者の反応も確認でき、副作用を最小限に抑えることができるという。

 既に禁煙のためのニコチンパッチが広く普及しているが、皮膚の表面から成分を吸収させる仕組みであるため、しばしば皮膚のバリア機能により薬品の吸収が妨げられてしまい、ほかの薬品に適用することができなかった。

 HPが開発したスキンパッチ技術は、非常に細い針を使い、皮下に薬を投与する。一般の注射針などとは異なり、痛みは感じないという。同社はインクジェット技術の他分野への活用を模索する中で同技術の開発に至った。スキンパッチには、HPが特許を所有するインクジェットカートリッジ技術と類似する技術が用いられている。

関連キーワード

HP | インクジェット


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -