ニュース
» 2007年09月20日 17時05分 UPDATE

シャープ、パイオニア筆頭株主に

シャープとパイオニアが資本・業務提携。シャープはパイオニアの第三者割当増資を引き受け、パイオニアの筆頭株主になる。家電業界の再編が本格化。

[ITmedia]
画像 20日に開いた会見で握手するシャープの片山幹雄社長(左)とパイオニアの須藤民彦社長

 シャープとパイオニアは9月20日、資本・業務提携すると発表した。シャープはパイオニアの第三者割当増資を引き受け、パイオニアの筆頭株主になる。

 パイオニアは12月20日付けで415億5000万円の第三者割当増資を実施し、新株3000万株をシャープが全株引き受ける。増資後、シャープはパイオニア発行済み株式の14.28%を保有する筆頭株主になる。シャープも、発行済み株式の0.9%に当たる自己株10万株をパイオニアに197億5000万円で売却し、両社で持ち合う形にする。

 業務提携では、両社の技術を相互に利用し、(1)次世代DVD、(2)ホームネットワーク関連、(3)カーエレクトロニクス、(4)映像──などの分野で共同開発に取り組む。

シャープの株価チャートシャープの株価チャート(1年:縦軸の単位は円)パイオニアの株価チャートパイオニアの株価チャート(1年:縦軸の単位は円)

 次世代DVDでは、シャープが得意な半導体レーザーなどのデバイス技術と、パイオニアのドライブ技術を活用。カーエレクトロニクスでは、シャープの中小型ディスプレイ技術、通信技術、センサー技術と、パイオニアのカーナビや車載ノウハウを組み合わせ、新事業の創出を目指す。

 関係強化に向け、両社で部品・製品を積極的に相互採用し、取引量と金額の拡大も図っていく。

 家電業界では、松下電器産業の子会社だった日本ビクターとケンウッドが2008年に経営統合を予定。再編の動きが本格化する。

関連キーワード

パイオニア | シャープ


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -