ニュース
» 2007年10月03日 08時12分 UPDATE

中国セキュリティ情報機関のサイトに不正コード

Trend Microによると、中国CISRTのサイトに悪質なiframeが挿入されているのが見つかった。

[ITmedia]

 セキュリティ企業Trend Microは、中国のセキュリティ情報機関C.I.S.R.T.(Chinese Internet Security Response Team)のサイトに悪質なiframeが挿入されているのが見つかったと伝えた。中国は現在休暇期間中に当たるため、対処されていないようだという。

 不正なiframeが挿入されているのは、「cisrt.org」のトップページと英語ブログのページ。さらにITニュースサイトの「TheRegister」「Beskerming」からも、問題のページへのリンクが張られているという。

 このiframeが仕掛けられたページを閲覧すると、「sms.exe」のファイル名が付いたトロイの木馬に感染する。ここからさらに別のマルウェアをダウンロードする仕掛けになっている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -