ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2007年10月13日 07時10分 UPDATE

Kodak、オリンピックスポンサーから降板

2008年の北京オリンピックを最後にスポンサーから降板する。

[ITmedia]

 米Eastman Kodakは10月12日、2008年の北京オリンピックを最後に、オリンピックの公式イメージングスポンサーから降りることを明らかにした。

 同社は1985年に創設された、冬季および夏季オリンピックの公式スポンサープログラム「The Olympic Partner Programme」(TOP)12社中の1社。同プログラムは国際オリンピック委員会(IOC)が管理し、TOPスポンサーのみがオリンピックを商品の宣伝に利用する権利を持つ。

image IOCのWebサイトに紹介されているThe Olympic Partner Programme各社

 同社のブランドマネジメントディレクターを務めるエリザベス・ヌーナン氏は「Kodakが変容を遂げるのに伴い、新たな方向へ向かうのが理にかなっていると判断した。デジタル技術によって製品・サービスの宣伝手法も変わってきている」としている。

関連キーワード

北京オリンピック


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.