ニュース
» 2007年10月17日 21時49分 UPDATE

「アバター」認知度は9割以上 女性の関心高い

[ITmedia]
photo アバターの例

 エヌ・ティ・ティ・アドは10月17日、アバターについてネットユーザーに聞いた調査結果をまとめた。認知度は9割以上に上り、現在の利用者と今後の利用意向は女性のほうが高かった。

 アバターのことを詳しく知っている・だいたい知っているという回答は合計71.8%、聞いたことはある人も含めると93.5%。10代女性では詳しく知っている人が29.9%と高かった。

 実際にアバターを使っているのは認知者のうちの20.4%。有料アバター利用者は認知者の3.1%にとどまったが、月平均で995円使っていた。アバターを使う理由は「着飾るのが楽しい」が5割でトップ、「自分の分身を作るのが楽しい」が3割だった。逆に使わない理由は「関心がない」が半分だった。

 今後の利用意向は、認知者全体では2割強にとどまったが、10〜40代女性では3割強だった。

 調査は10月5〜9日、10〜50代の男女692人を対象にWebで実施した。

関連キーワード

アバター


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -