ニュース
» 2007年10月18日 07時23分 UPDATE

Apple、「iPhoneネイティブ」アプリ開発用のSDK公開へ

iPhone用のソフトウェア開発キットを来年2月に公開する予定。iPod touch用のアプリケーション開発にも使用できる。

[ITmedia]

 米Appleのスティーブ・ジョブズCEOは10月17日、同社Webサイトで、iPhone用のSDK(ソフトウェア開発キット)を2008年2月に公開する計画を明らかにした。現状ではサードパーティーによるiPhone向けアプリケーション開発は、Safari経由で利用するものに限定されているが、SDK公開により、サードパーティーによるiPhoneのネイティブアプリケーションの開発が可能になる。

 SDK公開までに数カ月かかるのは、開発者に高度でオープンなプラットフォームを提供しつつ、iPhoneユーザーをウイルスやマルウェアなどから保護するという「正反対のことを同時に」行おうとしているためだという。携帯でのウイルスはさほど問題ではないとの説もあるとしつつも「iPhoneは最も進化した電話であり、非常に目立つターゲットとなり得る」とし、セキュリティ対策の重要性を強調している。

 セキュリティ対策の1つの例として、ジョブズ氏はNokiaが開発者によるデジタル署名を採用したことについて触れ、「この方法は完全にオープンとは言えないが、正しい方向への1歩だと考える」と述べている。

 公開されるSDKは、iPhoneに加え、iPod touch用のアプリケーション開発にも使用できるという。

関連キーワード

iPhone | Apple | SDK | iPod touch


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -