ITmedia NEWS > 科学・テクノロジー >
ニュース
» 2007年10月22日 22時06分 UPDATE

乾電池で動く電子加速器、産総研が開発

乾電池で動作するポータブル電子加速器を産総研が開発。プラントの配管や建物内部の非破壊検査といった現場での使用を想定して実用化を進める。

[ITmedia]

 独立行政法人・産業技術総合研究所(産総研)は10月22日、乾電池で動作するポータブル電子加速器システムを開発したと発表した。1〜10分程度でX線透過画像を撮影できるといい、プラントの配管や建物内部の非破壊検査といった現場での使用を想定して実用化を進める。

photo

 大型加速器と同様、マイクロ波を使って電子ビームを加速する電子線形加速器。加速周波数を9.4GHzに高めるなどして小型化し、本体部の長さ約20センチ・重さ約1.5キロと小型ケースに入れて片手で持ち運べるサイズにまで小型化した。単三形乾電池×10〜12本で、10万電子ボルト以上の高エネルギー電子ビームとX線を1時間以上発生できるという。

photo PC周辺機器のX線画像

 イメージングプレートやカメラを組み合わせることでX線撮影が可能で、特に従来型装置を持ち込めない狭い場所で有効という。今後さらに小型軽量化と高エネルギー化を進め、現場で利用しやすい加速器の開発を目指すとしている。

関連キーワード

加速器 | 産総研


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.