ニュース
» 2007年10月26日 10時30分 UPDATE

これもケア!?:MS OneCareが自動更新設定をこっそり変更?

Windows情報サイトによれば、「Windows Live OneCare」をインストールすると、ユーザーの許可なく自動更新の設定が変えられてしまうという。

[ITmedia]

 Microsoftのセキュリティソフト「Windows Live OneCare」をインストールすると、ユーザーの許可なく自動更新の設定が変えられてしまうことが分かったと、Windows情報サイトのWindows Secretsが10月25日付で伝えている。

 それによると、Windowsのパッチを手動でインストールする設定にしているのに、いつの間にか更新が適用されて再起動させられるという問題は、以前から報告されており、一部のブログでは、Windows Updateが再起動を強制していると指摘していた。

 Windows Secretsでは、Windows XPとVistaでWindows Live OneCare(年間49.95ドルの有料版)をインストールしてテストを実施。その結果、何度やっても自動更新の設定が、完全自動に変えられてしまったという。自動更新を完全に無効にしていても状況は同じだったとしている。

 OneCareをインストールする際の説明書きでも、自動更新の設定変更については何も触れておらず、警告メッセージなども表示されなかった。

 Windows Secretsは9月にも、MicrosoftがWindows Updateの新しい実行ファイルを「密かにインストール」したせいで、Windows XPの修復ができなくなった問題を伝えている。

関連キーワード

Windows | Windows XP


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -