ニュース
» 2007年10月29日 17時50分 UPDATE

楽天、「お金払ったのに届かない」なら代金全額補償

「楽天市場」で、ユーザーが代金を支払い済みなのに商品が届かず、店舗との連絡も取れないといった状況が発生した際、楽天が代金を全額補償するサービスが始まった。

[岡田有花,ITmedia]
画像 「楽天市場はもともと安心して使えるサービスだが、新サービス導入でさらに安心してもらえる」と三木谷社長

 楽天は10月29日、ECサイト「楽天市場」で、ユーザーが代金を支払い済みにも関わらず商品が届かず、店舗との連絡も取れないといった状況が発生した際、同社が代金を全額補償する「楽天あんしんショッピングサービス」を始めた。

 楽天市場の全ユーザーが対象で、補償金額は50万円まで、補償回数は年1回まで。自動車や商品券など一部商品は対象外だが「楽天市場で扱っている商品の99%以上をカバーしているのでは」と同社の三木谷浩史社長は言う。

 楽天市場では「お金を支払ったのに商品が届かない」という事態が何度か起きている。今年6月には楽天に出店していた「秋葉原OG商会」が店舗を突然閉鎖。代金を支払ったユーザーに商品が届かず、楽天が代金全額をユーザーに弁済した。

 「代金を支払ったのに商品が届かないというケースは、10年間運営してきて片手の指に行かないほどの数しかない。きちんと店舗管理すれば、当社からの持ち出しはほとんどないだろう。新サービスの導入で『楽天は安心』というブランドがさらに強化できる」(三木谷社長)

 出店店舗の管理も徹底する。これまで1カ月に1回程度だった店舗チェックの頻度を高めるほか、現金前払い決済のみの店舗に対して、代金引換などユーザーがより安心できる別の決済手段も導入してもらう。「管理を徹底し、商品未着が1度起きてしまった場合の金額の拡大を防ぎたい」

関連キーワード

楽天 | 三木谷浩史


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -