速報
» 2007年11月06日 07時55分 UPDATE

複数の脆弱性を修正した「QuickTime 7.3」公開

QuickTimeのセキュリティアップデートでは7件の脆弱性が修正された。

[ITmedia]

 Appleは11月5日、メディア再生ソフト「QuickTime」のセキュリティアップデートを公開し、7件の脆弱性を修正した。Mac版、Windows版の両方が対象となる。

 QuickTime 7.3で修正された脆弱性のほとんどは、悪用されるとアプリケーションが突然終了したり、任意のコードを実行される可能性がある。

 脆弱性は、STSD(Sample Table Sample Descriptor)アトムやQTVRムービーの処理、PICTイメージの処理などに関して発生し、悪質なムービーファイルやイメージを使って悪用される恐れがある。

 対象となるOSはMac OS X v10.3.9、Mac OS X v10.4.9以降、Mac OS X v10.5およびWindows Vista、Windows XP SP2。

 QuickTime 7.3へのアップデートは、Mac OS Xのソフトウェア・アップデート機能を使うか、同社のソフトウェアアップデートページからダウンロードしてインストールできる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -