ニュース
» 2007年11月06日 08時44分 UPDATE

ICANN、ビント・サーフ会長の後継にニュージーランドの弁護士を起用

7年会長を務めたビント・サーフ氏の後継に、ICANN設立当初から同団体にかかわってきたピーター・デンゲート・スラッシュ氏が就任する。

[ITmedia]

 インターネットドメインを管理する非営利団体ICANN(Internet Corporation for Assigned Names and Numbers)は11月2日、新会長にピーター・デンゲート・スラッシュ氏を選出したと発表した。

 スラッシュ氏はニュージーランド出身の弁護士で、知的財産や競争、インターネット法などの民事訴訟を専門とする。ICANNの設立当初から同団体にかかわり、現在は理事会の各種委員会のメンバー。また、ニュージーランドの国別トップレベルドメイン(ccTLD)「.nz」を管理するInternetNZの代表も務める。

 退任するビント・サーフ会長は「ICANNは、設立期から安定期に移行した」とコメント。スラッシュ氏は理事会の役割を理解しており、適任だとしている。

icann ピーター・デンゲート・スラッシュ氏(左)とビント・サーフ氏(右)

関連キーワード

ICANN | 会長


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -