ニュース
» 2007年11月12日 20時17分 UPDATE

「Yahoo!検索ランキング」オープン キーワードの話題を集約

検索数の多いキーワードのランキングをまとめた「Yahoo!検索ランキング」がオープン。話題のキーワードに関するコラムも掲載する。

[ITmedia]

 ヤフーは12日、検索数の多いキーワードのランキングをまとめたサイト「Yahoo!検索ランキング」を開設した。話題のキーワードに関するコラムも掲載する。

 キーワードランキングは2種類。検索数が急増したキーワードをランキングで表示する「急上昇ワードランキング」と、ジャンル別に検索数の多いキーワードをランキングで表示する「検索総数ランキング」だ。土日を除き毎日1回更新する。

 急上昇キーワードでは、前々日と前日を比較して、検索数が急増したキーワードを30位まで表示する。キーワードの簡単な説明や、検索数が増えた理由も併せて確認できる。

 それぞれのキーワードをクリックすると、Web検索の結果を表示。関連したブログやニュース、地図などがある場合は、そのページへのリンクを表示する。

 サイトのトップページでは、急上昇ワードの中から注目のキーワードを5つピックアップして紹介する。

画像 Yahoo!検索ランキング

 検索総数ランキングは、前日に検索数の多かったキーワードを「総合」「人名」など5ジャンルで20位まで表示。キーワードをクリックすると、その言葉をWeb検索できる。

 話題のキーワードに関するコラムも掲載する。コラムは、Yahoo!カテゴリに登録するサイトの審査や、検索精度を高める作業を専門に行う同社の社員「Yahoo!サーファー」が執筆。人名や商品名、流行語などの検索数の推移をグラフで紹介したり、その言葉と一緒に検索されたキーワードなどを解説する。

 各コンテンツのRSS配信も行う。ランキングのデータはテレビ局やWebサイトなど他メディアにも提供する。

 同社検索事業部ソーシャルサーチ企画の岡本真リーダーは「Yahoo!で検索されたキーワードのデータは一種のCGM(Consumer Generated Media)だと言える。検索データを集約し、ランキングで発信することで今何が流行っているかを伝えられる。ランキングデータを他メディアに提供することで、単にネット上での話題に終わらせるのではなく、世間のブームを作っていきたい」とサイトの狙いを説明する。

 「新サイトは、ブロガーにネタの宝庫としても使ってもらえるし、ネットのライトユーザーに対して検索のサポートもできる」(岡本リーダー)

 現在、サイトに広告スペースはなく、今後の導入も未定という。岡本リーダーは「サイト単体で収益化を図るのか、Yahoo!の検索サービスのプロモーションの1つとして使うのかはまだ分からない。ユーザーの反応を見て決めていきたい」と説明。今後、同サイトのブログパーツやAPIの公開も検討していく。

関連キーワード

検索 | Yahoo! | RSS


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -