ニュース
» 2007年11月13日 11時45分 UPDATE

iPhone最大の弱点はユーザー? 「非公式アプリ」に6割が関心

Sophosの意識調査で、iPhoneの非公式アプリケーションをインストールしたいとの回答が6割以上に上った。

[ITmedia]

 セキュリティ企業のSophosがネットで実施した意識調査で、iPhoneの非公式アプリケーションが入手できたらインストールするかと問いかけたところ、回答を寄せた232人のうち64%がインストールすると答えた。同社が11月12日のブログで伝えている。

 Sophosによれば、iPhoneで非公式アプリケーションをインストールするためにはセキュリティ措置をかわす必要があり、場合によってはiPhoneが使い物にならなくなる可能性もあることから、この行為は危険を伴う。さらに、セキュリティ措置をかわせばMacと同様、ソーシャルエンジニアリングの手口に引っかかりやすくなるとしている。

 iPhoneのような「クール」な技術に魅力を感じる人は、クールなアプリケーションをインストールしたいという衝動に駆られるようだとSophosは解説。ユーザーという最大級の弱点に対し、iPhoneが脆弱であることが浮き彫りになったとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -