ニュース
» 2007年11月15日 08時53分 UPDATE

MSフライトシミュレータが視覚化シミュレータに変身

MSの大ヒット飛行シミュレーションゲームをベースにした新プラットフォームは、学習や意思決定支援、研究開発モデリングなどに、ゲームを基盤とした技術を活用するものだ。

[ITmedia]

 米Microsoftは11月14日、視覚化シミュレーションプラットフォーム「Microsoft ESP」を、来年1月に発売すると発表した。

 同社がこれまで開発を行ってきたMicrosoft Flight Simulatorをベースに、ゲームやエンターテインメントの枠を超え、学習および訓練ツールとして開発したプラットフォームという。最初のバージョンとなる「Microsoft ESP 1.0」では、既存の機能をそのまま生かし、軍や商業航空会社を対象としたものとなっている。今後は空だけでなく陸、海、屋内へと範囲を拡大し、政府、企業、教育機関が学習用シミュレータとして利用できるようにするのが目標という。

 Microsoft ESPは、フライト訓練、新規ルートを初めて飛行する前の予備飛行訓練、コックピットや計器盤モックアップの3Dモデル作成といった機能に加え、シミュレーション飛行時の詳細な天候設定、季節や時間設定、飛行後のパフォーマンスチェックや分析、最高30人までのマルチプレイヤー機能などを提供する。

 発売は2008年1月1日の予定で、ライセンス価格はPC1台当たり799ドル、Microsoft ESPソフトウェア開発キットは99ドル。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -