ニュース
» 2007年11月15日 15時06分 UPDATE

Second Life、「WindLight」強化で水もリアルに

水を写真のようにリアルに描く機能や、アバターのレンダリングの負荷を減らすシステムが追加された。

[ITmedia]

 3D仮想世界Second Lifeを運営する米Linden Labは11月14日、空の風景をリアルに描くグラフィックス技術「WindLight First Look Viewer」を強化。空だけでなく、水もリアルに表示できるようになった。

 新たに加わった機能強化は以下の5つ。

  • 雲や月が再び描けるようになり、シェーダーなしモードの動作が高速化し、画質が向上した。Sky EditorのUIも改善された。

  • 水を写真のようにリアルに表示できるようになった。この機能を使うには、推奨システム要件を満たす強力なグラフィックスカードが必要。
ah_wlwater.jpg
  • オブジェクトにGlow(輝き)の属性が追加された。
ah_wlglow.jpg
  • アバターのインポスターシステム。アバターのレンダリングがマシンにかける負荷を減らすためのシステムで、特にアバターがたくさんいる場面でfps(frames per second)が40%増えたという。

  • グラフィックス設定タブの改善。オプションを整理し、1つのタブに関連するオプションをすべてまとめたという。さらに「Performance/Quality」スライダーをマウスで動かして画質とパフォーマンスを設定すると、関連する機能が自動的に変更されるようになった。個々の機能をカスタム調整することもできる。

 WindLightはSecond Lifeのサイトからダウンロードできる。同プログラムはFirst Look(テスト版)であり、ユーザーはデバッグや機能強化、最適化などに協力できる。

関連キーワード

Second Life | アバター | Linden Lab | 仮想世界


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -