ニュース
» 2007年11月15日 21時00分 UPDATE

あなたのPCパワーでHD画質の3Dアニメを

NTTデータの分散コンピューティングプロジェクト「cell computing βirth」で、HD画質の3Dアニメレンダリング実験が始まった。CDから起動できるOS付きクライアントソフトも配布。インストール不要で参加できる。

[ITmedia]
画像 The Bridge

 NTTデータと、映像開発のWHIRLWIND、アニメ制作のイージアは11月15日、NTTデータの分散コンピューティングプロジェクト「cell computing βirth」で、2D/3Dハイブリッドのハイビジョンアニメを制作する実験を始めた。CDから起動できるOS付きクライアントソフトも配布。インストール不要で参加できる。

 ユーザーのPCパワーを活用し、ホラーアニメ「The Bridge」パイロット版の3D映像をレンダリングする。キャラクターの2DCGと背景の3DCGを合成した約30秒間・30fpsのフルHD(1920×1080p)アニメで、洋館の建物をフル3Dでレンダリングし、さまざまな角度から見た背景画像をリアルに表現する。

 レンダリングには、関ヶ原の合戦のCG制作実験「sekigaharaプロジェクト」で開発し、オープン化したJavaのレンダリングソフトを活用する。

 参加するには、実験の公式サイトからクライアントソフトをダウンロードしてインストールするか、CDから起動できる「TOMOYO Linux」(Ubuntu 7.10をベースにNTTデータが開発)利用すればインストール不要で参加できる。TOMOYO Linuxも同サイトからダウンロードし、CDに焼き付けて利用する。実験は来年1月31日まで。

 製作した映像は、HD画質で上映するほか、SD画質でネット配信する予定。

関連キーワード

Ubuntu | 分散コンピューティング


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -