ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2007年11月26日 16時36分 UPDATE

新型PSP、発売2カ月で売り上げ100万台達成

新型PSPが発売から2カ月で売り上げ100万台を達成。初代と比べ2週間早いペースという。

[ITmedia]
photo 新型PSP

 ソニー・コンピュータエンタテインメントは11月26日、「プレイステーション・ポータブル」(PSP)の新機種(PSP-2000)の国内累計売上台数が、9月20日の発売から2カ月で100万台を達成したと発表した。100万台達成ペースは、04年12月に発売した初代(PSP-1000)と比べて2週間早いという。

 新型は初代と比べて薄型・軽量化したのが特徴で、発売から約2カ月後の11月22日時点で100万台を達成した(スクウェア・エニックスが発売した先行限定モデルは含まず)。

 6色のカラーバリエーション展開や、別売りの外付けチューナーによるワンセグ視聴の対応などで、「男女を問わず幅広いユーザーから高い支持を頂いている」(同社)という。

 ソフトラインアップは国内累計で500タイトルを超えた。年末商戦期に向け、「みんなのGOLF ポータブル2」などを発売する予定。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.