ニュース
» 2007年11月28日 21時03分 UPDATE

三洋、イオンのPB家電を共同開発

イオンは「トップバリュ」の家電製品を三洋電機と共同開発する。三洋はイオンの販路を家電事業の維持・拡大に活用する。

[ITmedia]

 イオンと三洋電機は11月28日、イオンのプライベートブランド(PB)「トップバリュ」の家電製品を共同開発することで合意したと発表した。生活家電を中心に、来春からジャスコやサティなど全国約500店舗で販売を始める。

 トップバリュを国内最大のPBに育てたイオンのマーケティング力と、三洋の技術開発力を融合。30〜40代の主婦をターゲットに、冷蔵庫や洗濯機、炊飯器、電子レンジなど、ドライヤーなど生活家電全般のPB製品を共同で企画・開発する。

 イオンはトップバリュの2010年度の販売目標7500億円のうち、家電で5%を売り上げたい考え。経営再建中の三洋は、流通最大手のイオンと組むことで、国内家電事業の維持・拡大を図っていく。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -