ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2007年12月01日 08時02分 UPDATE

MSのSilverlight、次のバージョンアップで2.0に

当初「1.1」へのマイナーバージョンアップの予定だったが、新機能を多数追加することからメジャーバージョンアップがふさわしいと判断。

[ITmedia]

 米Microsoftは11月29日、来年リリース予定のクロスプラットフォーム対応のブラウザ用メディア再生およびリッチインタラクティブアプリケーション(RIA)表示プラグイン「Silverlight」の次期版について、名称を当初予定していた「Silverlightバージョン1.1」ではなく、「バージョン2.0」としてリリースすることを明らかにした。同社開発部門のジェネラルマネジャーであるスコット・ガスリー氏が自身のブログのなかで述べている。

 ガスリー氏は名称変更の理由を、次期バージョンには新機能がかなり盛り込まれることから、1.1というポイント付きの名称はふさわしくないと判断したためと説明している。このアップデートでアプリケーションプラットフォームの「.NET Framework」のクロスプラットフォーム、クロスWebブラウザ版が搭載され、Webブラウザ内で.NETアプリケーションの開発を行えるようになる。

 Silverlight 2.0のβ版は、2008年第1四半期リリースの予定。開発者はGo-Liveライセンスによって、このβ版を基に開発したアプリケーションを稼働環境に配布することができる。

 また、Visual Studio 2008において、Silverlight 2.0対応のツールアップデートを無償で行う予定という。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.