ニュース
» 2007年12月13日 09時35分 UPDATE

OpenOfficeのWeb版登場、ブラウザから編集可能

「Ulteo Online Desktop」ではインターネット経由でOpenOffice.orgを利用でき、ほかのユーザーと文書を共有することも可能だ。

[ITmedia]

 仏新興企業Ulteoが、オープンソースのオフィススイート「OpenOffice.org」をブラウザから利用できるWebベースサービスをβ公開した。

 同社の「Ulteo Online Desktop」では、Google DocsのようなWebアプリケーションと同様に、インターネット経由でOpenOffice.org 2.3を利用できる。OpenOffice.orgをダウンロードしてインストールする必要はない。

 UlteoのサービスではOpenOffice.orgの各種機能に加え、コラボレーション機能も提供している。ユーザーは、ほかのユーザーに招待メールを送って、リアルタイムで文書を共有できる。招待の際に、文書の閲覧のみを許可するか、編集も許可するかを設定することが可能だ。また、近いうちにブログやWebページにOpenOffice.orgへのリンクを追加できるようになるという。

ah_ulteo.jpg

 同サービスはWindows、Linux、Macに対応し、JavaScriptとSun Java Runtime 1.4以上に対応したブラウザが必要。Firefox 1.5以上、Internet Explorer(IE)6および7、Safariでテスト済みという。利用にはアカウント登録(無料)が必要。各アカウントには1Gバイトの無料ストレージが付く。

 Ulteoは、LinuxディストリビューターMandrakeSoftの創設者ガエル・デュバル氏が立ち上げた。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -