ニュース
» 2007年12月13日 11時46分 UPDATE

韓国の科学者、光るクローン猫を作り出す

赤色蛍光タンパク質を持ち、暗い場所で紫外線を当てると光る猫を韓国の科学者が作り出した。

[ITmedia]

 韓国の科学技術省は12月12日、同国の科学者が、暗闇で光るクローン猫を作り出したことを明らかにした。

ah_cat.jpg コン・イルグン氏

 このクローン猫は、キョンサン国立大学の動物クローン専門家コン・イルグン氏率いる研究チームが、トルコ・アンゴラ種の猫の皮膚組織の赤色蛍光タンパク質(RFP)を操作して作り出した。RFPは、細胞のマーキングなど、人間の遺伝病治療に活用できる可能性を持つ。

 科学技術省によると、これは世界初のRFP猫という。通常の光の下では普通のアンゴラ猫と同じに見えるが、暗い場所で紫外線を当てると光る。RFP猫は1月と2月に3匹生まれて、1匹は死産だった。生き残った2匹は現在、体重3.0キロと3.5キロにまで育った。

ah_cat1.jpg

 「蛍光タンパク質を操作し、クローン猫に使うことができれば、人間の遺伝的疾患を持った動物を人工的に作り出す新たな可能性が開ける」と韓国政府は述べ、それにより人間の患者ではできない研究や実験が可能になるとしている。

 コン氏は、2004年に韓国で初めてクローン猫を作り出した科学者。その後、治療のために動物クローンを研究する国家プロジェクトの指導者に任命された。

関連キーワード

| 遺伝子 | ゲノム | 世界初


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -