ITmedia NEWS > セキュリティ >
ニュース
» 2007年12月14日 11時00分 UPDATE

社員は情報セキュリティに無頓着? 「公衆無線LANで業務メール」が半数以上

会社員や政府職員が路上調査で打ち明けた、情報セキュリティに関する意識と実態。

[ITmedia]

 仕事関連の文書を私用メールに送ったり、重要情報を保存した携帯端末を社外に持ち出す従業員が多数を占める実態が、米EMC傘下のセキュリティ企業RSAが実施した調査で明らかになった。

 調査は11月に米ボストンとワシントンで、民間企業の従業員と政府職員を対象に路上で実施した。

 回答者の63%は、自宅で仕事をするために、仕事関連の文書を私用メールに送ることがよくある/時々あると打ち明けた。仕事をこなすために、「組織が定めたセキュリティポリシーをかわす策が必要だと感じている」との回答も35%に上った。

 喫茶店や空港、ホテルなどの公衆無線LANで会社のメールにアクセスすることがよくある/時々あると答えたのは53%。インターネットカフェ、空港、ホテルなどに設置された公共のコンピュータからも、52%が会社のメールにアクセスしている。

 顧客情報や個人情報といった重要情報を保存したノートPC、USBフラッシュメモリといった携帯端末を職場から持ち出すことがよくある/時々あると答えたのは65%。8%はこうした端末をなくしたことがあると回答した。

 今回の調査結果を受けてRSAは、会社の重要情報に物理的にアクセス可能な従業員が、うっかり情報を流出させてしまうリスクがあることが浮き彫りになったと解説。悪意のない従業員に対しても、悪意を持った社内インサイダーと同様の対策を講じる必要があると指摘している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.