ニュース
» 2007年12月14日 12時29分 UPDATE

「NokiaによるQUALCOMM特許の侵害なし」、米国際貿易委員会が仮決定

QUALCOMMがNokiaを特許侵害で訴えていた件で、米国際貿易委員会はQUALCOMMの主張を却下する仮決定を下した。

[ITmedia]

 米QUALCOMMがフィンランドのNokiaを特許侵害で米国際貿易委員会(ITC)に訴えていた件で、ITCは、Nokiaによる特許侵害の事実は認められないとする仮決定を下した。ITCによる最終判決は、2008年4月14日に出される見通し。両社が12月12日明らかにした。

 この訴訟は、両社間で争われている10数件に上る特許訴訟の1つで、2006年6月にQUALCOMMがITCに申し立てを行ったもの。QUALCOMMは、NokiaがQUALCOMMの特許6件を侵害したとしていたが、3件については申し立てを取り下げており、残る3件について争われていた。

 今回の仮決定を受けてNokiaは、「QUALCOMMが当社と通信業界を欺こうとする企みが、また1つ失敗した」とコメント。一方のQUALCOMMは、仮決定の見直しを求める意向だとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -