ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2007年12月21日 13時28分 UPDATE

クアッドコアOpteronの失敗からAMDが学んだ教訓 (1/2)

2008年、AMD幹部はプロセッサ製造の失敗を教訓として前進したい意向だ。

[Scott Ferguson,eWEEK]
eWEEK

 米AMDのクアッドコアOpteron(コードネームBarcelona)立ち上げに至る数カ月の間、経営陣はずっと、Intelのクアッドコア製品との違いはその設計にあると繰り返していた。

 2007年初め、AMDは1つのシリコン上に4つのプロセッサコアを置いたクアッドコアプロセッサ製造により、デュアルコアOpteronの成功を引き継ぐかに見えた。Intelのクアッドコア製品はデュアルコアのXeonプロセッサ2個をつなぎ合わせたものであり、AMDの設計はこのアプローチに対する直接的な攻撃だった。

 しかし現在、Barcelonaはクロックスピードのパフォーマンス不振、出荷前の量産体制整備上の問題、ハードウェアの障害を引き起こしかねないバグなど多くの問題に見舞われており、その一部は、AMDのクアッドコア設計に対するアプローチに起因しているようだ。2008年に向けAMDは、経験から学んでクアッドコアプロセッサを再び軌道に乗せることは可能だと主張する。

 AMDは2008年第1四半期中に、製造準備が整ったクアッドコアOpteronをパートナー向けに出荷する計画で、OEMパートナーからは第2四半期までにアップデート版のシステムが登場する見通しだ。

 AMDのOpteron製造責任者、スティーブ・デムスキ氏はインタビューに応え「(AMDのOEMパートナー各社は)少し慎重になっており、その点は当社もまったく同じだ。OEMは当社の言う『修正』バージョンを待っており、現時点で当社は既に、この特定の問題がない製品の製造に入る段階になっている」と話した。

 「第1四半期にサンプル出荷を開始し、同四半期中に製造に入る。パートナー各社はその後約1カ月かけて対応し、第2四半期には製品が登場すると見込んでいる」とデムスキ氏。

 生産量が伸ばせないのは、1つのシリコン上に4つのコアを配置したBarcelonaの設計や、その複雑さに伴う問題が原因ではないとデムスキ氏は言う。

 「当社は望んだ通りの量を生産しておらず、それが原因で生産量が予想を下回った。当社が望んだようなペースで増産態勢を強化できずにいるうちに、立ち上げから数週間たった後で今回の問題を発見した」

 この経験から、OEMにさらなるテストとデバッグを行ってもらうため、今後のプロセッサはもっと早くパートナーに供給すべきだという教訓を学んだという。

       1|2 次のページへ

Editorial items that were originally published in the U.S. Edition of “eWEEK” are the copyrighted property of Ziff Davis Enterprise Inc. Copyright (c) 2011. All Rights Reserved.