ニュース
» 2008年01月23日 20時25分 UPDATE

アニメイトがブロッコリーに出資 「アニブロ」で新規出店

アニメイトがブロッコリーに出資し、発行済み株式の11.31%を取得した。両社は合弁会社「アニブロ」も設立し、アニメグッズ開発やショップの新規出店を行う。

[ITmedia]

 アニメイトとブロッコリーは1月23日、資本・業務提携すると発表した。アニメイトは、ブロッコリーの発行済み株式の11.31%(370万株)を取得。アニメイトとブロッコリーで合弁会社「アニブロ」を設立し、アニメグッズ開発やショップの新規出店を行う。

 アニメイトは、デジタルアドベンチャーからブロッコリー株式を取得する。株式取得は「業務提携の円滑化が目的」としており、アニメイトから役員や営業部門の要員をブロッコリーに派遣する。

 新会社の資本金は2億円で、ブロッコリーが30%、アニメイトが70%出資。アニメイトの高橋豊社長が社長を務める。

 新会社は、アニメやゲームのグッズ販売権を取得し、アニメイト、ブロッコリーの両社と共同で商品を開発。「アニブロ」ブランドで新規出店して顧客層を広げるほか、アニメイトが運営する「アニメイト」、ブロッコリーが運営する「ゲーマーズ」の運営も補助するなどして店舗運営を効率化する。両社の人材教育、仕入れや物流システムの開発なども、新会社で行う。

 ブロッコリーは「エンターテインメント業界は競争が激化している。両社のノウハウや資源を共有して業務を効率化し、ブロッコリーの強みである男性向け商品の開発力を大きく伸ばし、顧客基盤を拡充する」としている。

関連キーワード

アニメ |


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -