ニュース
» 2008年01月26日 08時31分 UPDATE

HDTV購入のきっかけ、トップは今年も「スーパーボウル」――米調査

スーパーボウルに次いで、大学フットボールや野球、バスケットボールなどが挙がっており、スポーツのHDTV売り上げへの影響の大きさがうかがえる。

[ITmedia]

 NFLスーパーボウル効果で、240万台のHDTV(高精細テレビ)が売れる――米国家電協会(CEA)が1月25日、こんな調査報告を発表した。調査は今月、CEAが米Sports Video Groupと共同で、米国の成人2278人を対象に行った。

 スーパーボウルは3年連続で「HDTV購入のきっかけ」のトップの座を維持し、今年だけでも22億ドルの売り上げに貢献するとみられる。以下、「大学フットボールのボウルゲーム」、「(MLB)ワールドシリーズ」、「NBAファイナル」、「NCAA March Madness(大学バスケットボールのトーナメント)」と続き、スポーツがHDTV購入に大きな影響を与えている。CEAは「HDMIケーブルや音響システム、取り付け金具などを含めると、スポーツが家電販売に与える影響はもっと大きい」と指摘している。

 消費者がスーパーボウル観戦時に利用するのは、HDTVにとどまらない。テレビ観戦する人の18%が、試合中にノートPCを近くに置き、選手の成績確認や友人とのIM(インスタントメッセージング)をすると回答。同様の目的で、試合中に別の部屋のPCを使うという回答は12%、携帯電話を使用するという回答は13%となっている。また、HDTV所有者の57%が、試合終了後にオンラインで試合のハイライトやスーパーボウル用CMを見ると回答している。

 スーパーボウルはプロリーグのNFLによるアメリカンフットボールの優勝決勝戦。2008年のスーパーボウルは2月3日に開催される。

関連キーワード

液晶テレビ | フルHD


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -