ニュース
» 2008年01月30日 07時40分 UPDATE

iPhoneをハッキング――エクスプロイト検証ツールに新版

エクスプロイト検証ツール「Metasploit」の最新バージョンでは新たにiPhoneハッキングなどのエクスプロイトモジュールが追加された。

[ITmedia]

 エクスプロイトコードのテストや検証のためのフレームワーク「Metasploit」の新バージョンが1月28日、公開された。新たにiPhoneハッキングなどのエクスプロイトモジュール多数を追加している。

 公式ブログによると、バージョン3.1ではグラフィカルユーザーインタフェースを採用してWindowsをフルサポート。265のリモートエクスプロイトを含む450以上のモジュールを備えている。

 エクスプロイトは「iPhoneハッキング」プロジェクトをはじめ、多数のセキュリティ研究プロジェクトから寄せられたコードを取り入れたという。特筆すべきエクスプロイトとして、Novell Netwareの未パッチのカーネルランドエクスプロイト、802.11ファジングモジュール、BorlandのInterBaseシリーズをターゲットとしたエクスプロイトを挙げている。

 Metasploit Projectはマルウェア研究者H・D・ムーア氏が主導するプロジェクトで、研究者や管理者が侵入テスト、パッチインストール確認、リグレッションテストなどの目的で利用している。OSはLinux、Windows、Mac OS X、BSDなど各種OSに対応。同プロジェクトのサイトでダウンロード提供されている。

関連キーワード

iPhone | ハッキング | エクスプロイト


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -