ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2008年02月05日 08時47分 UPDATE

Yahoo!、有料音楽サービスをRhapsodyに移行

Yahoo!が、Rhapsody Americaとの提携を発表。今後数カ月で、有料音楽サービス「Yahoo! Music Unlimited」をRhapsodyに移行する。

[ITmedia]

 米Yahoo!と米Rhapsody Americaは2月4日、デジタル音楽配信での戦略提携を発表した。Yahoo!の有料音楽サービス「Yahoo! Music Unlimited」をRhapsodyに移行するほか、音楽ダウンロードなど、デジタル音楽サービスのほかの分野でも協力する予定だという。

 Rhapsody Americaは、米RealNetworksと米Viacom傘下のMTV Networksの合弁会社で、デジタル音楽配信サービスRhapsodyを運営している。

 この移行により、RhapsodyはYahoo!上の独占的なオンデマンド音楽配信サービスとなる。Yahoo!はユーザーの移管を今後数カ月かけて進める。Yahoo! Music Unlimited会員が利用している音楽ライブラリはRhapsody用にコンバートされ、引き続き利用可能。また、サービス移行後も一定期間は、現行の料金設定での利用を継続できる予定だという。

 RealNetworksのロブ・グレイザー会長兼CEOは「Yahoo!との提携で、Web上でも最大級の音楽オーディエンスとRhapsodyサービスを結ぶことになる」としている。

 Yahoo!は併せて、FoxyTunesを買収したことも発表。FoxyTunesは、デスクトップおよびWebベースの音楽プレーヤー30種以上をコントロールできるプラグインツールバーや、聴いている楽曲に応じて歌詞やビデオなどを探し出せる機能を提供している。Yahoo!は「Rhapsodyとの提携やFoxyTunesの買収、(先に発表した)WebベースのYahoo! Media Playerにより、すべての楽曲をWeb上で楽しめるようにするという当社の目標に、Yahoo! Musicを近づけることができる」とコメント。「Yahoo! Musicは今後も革新を続ける」としている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.