ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2008年02月06日 18時22分 UPDATE

バンナムHD、アミューズメント施設が不振で下方修正

[ITmedia]

 バンダイナムコホールディングスは2月6日、2008年3月期の連結業績予想を下方修正し、営業利益が前回予想から110億円減の340億円にとどまる見通しだと発表した。アミューズメント施設事業が苦戦している。

バンダイナムコホールディングスの株価チャートバンダイナムコホールディングスの株価チャート(1年:縦軸の単位は円)

 修正後の予想は、売上高が4650億円(前回予想比150億円減)、経常利益は355億円(同115億円減)、純利益は165億円(同100億円減)。前期比では増収減益になる見通し。

ゲームコンテンツ事業が国内の業務用、海外の家庭用を中心に好調に推移した一方で、トイホビー、映像音楽コンテンツは好調だった前年同期に及ばない見通し。さらにアミューズメント施設事業が既存店を中心に低調が続いているという。

 アミューズメント施設事業は下期に入ってさらに厳しい状況になっており、計画を大幅に見直した。収益性の改善に向け、ナムコが運営する国内店舗の約2割に当たる50〜60店を来期までに閉鎖。費用として約20億円の特別損失を見込む。

 映像音楽コンテンツ事業でも、国内市場の先行きが不透明なことから、映像ソフトの1〜3月期の販売計画を見直した。

関連キーワード

下方修正 | ナムコ | バンダイ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.