ニュース
» 2008年02月07日 08時37分 UPDATE

MS、「次世代デジタル広告技術」を紹介

マルチタッチスクリーンを使ったマーケティング技術や、動画内の邪魔にならない場所に広告を表示する技術などのデモが行われた。

[ITmedia]

 米Microsoftは2月5日、同社の年次イベント「Demo Fest」で、同社のadCenter Labsが開発中の次世代デジタル広告技術を紹介した。

 新技術の1つ「Air Wave」は、テレビ、PC、携帯電話に次ぐ「第4のスクリーン」を通じたマーケティング支援技術。空港やショッピングモールなどの公共の場所で、インタラクティブなマルチタッチスクリーンを通じてクーポンや製品情報を提供できるほか、Webカメラと組み合わせることで、サングラスなどの「バーチャル試着」も可能だという。

 「Contextual Ads for Video」は、動画内で扱われている内容を音声認識技術で判断し、関連する広告を表示する。「Intelligent Bug Ads」は、コンピュータ視覚アルゴリズムによって動画視聴を妨げない場所を計算し、画面上で邪魔にならない場所に広告を表示できるという。このほかにも、商品を画像の特徴別に自動分類する「Visual Product Browsing」技術、ポルノや武器などのコンテンツを認識し、広告が表示されないようにする「Content Detection in Sub-documents」技術などのデモも行われた。

 Microsoftは、「adCenter Labsが開発中の技術により、オンライン広告のあり方を変えることができる」とコメントしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -