ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2008年02月07日 19時08分 UPDATE

「楽天市場」が欧州進出 「日本の数倍規模」目標に

「楽天市場」が欧州に進出。2〜3年以内に英仏など数カ国で現地版を展開する。三木谷社長は「流通総額は日本の数倍の規模に」と期待。

[ITmedia]

 楽天は2月7日、欧州に進出すると発表した。近く現地法人を設立し、2〜3年以内に英仏など数カ国で「楽天市場」の現地版を始める計画。三木谷浩史社長は「流通総額は日本の数倍の規模にしたい」と目標を掲げている。

photo 三木谷社長とルクセンブルクのユンカー首相

 中核拠点となる100%出資の現地法人「楽天ヨーロッパ」(資本金1億円)を、3月末までにルクセンブルクに設立。日本と同様のマーケットプレイス型ショッピングモールの開設準備を進め、現地で出店店舗と会員を募る。日本の商品を欧州で販売できるよう、物流網の構築も進める。

 楽天は昨年、初の海外進出となる台湾版の楽天市場を今年第2四半期中に開設すると発表した。三木谷社長は「楽天のビジネスモデルは世界中で楽天しかなく、マーケットとしては十分チャンスがあると考えている」と話し、独自システムや、ポイントによるユーザー囲い込み、出店者へのコンサルティングなど、楽天市場の強みを現地化することで勝算は十分ある踏む。欧州では「クリティカルマス到達までは努力が必要だが、その後は日本の数倍規模になるだろう」と期待する。

 ルクセンブルクを選んだのは、仏語、独語、英語など複数言語を話せるマルチリンガル人材が豊富なこと、西欧の中心にあって物流網なども有利だったためという。

 ルクセンブルクのジャン=クロード・ユンカー首相は「ルクセンブルクを欧州のゲートウェイとして考えてくれている企業が多く、楽天の決定はゲートウェイとしての役割を強調するものだ」と楽天の進出を歓迎した。

関連キーワード

楽天市場 | 三木谷浩史 | 海外進出


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.