ITmedia NEWS > 科学・テクノロジー >
ニュース
» 2008年02月07日 20時15分 UPDATE

チップを小型化した16GビットNANDフラッシュ、東芝が開発

[ITmedia]

 東芝は2月7日、1チップで16Gビット(2Gバイト)のNAND型フラッシュメモリを開発したと発表した。43ナノメートル(nm)プロセスによるもので、3月に量産を開始する計画。今年7〜9月期には32Gビット(4Gバイト)品の量産も始める予定だ。

 メモリセルの工夫などで面積効率を向上し、56nm世代の同容量製品と比べチップ面積を約3割削減。16Gビット品のチップサイズは約120ミリ平方メートルに抑えた。

 同日から製品のサンプル出荷を開始。量産は四日市工場(三重県四日市市)で行う

関連キーワード

東芝 | NAND | フラッシュメモリ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.