ニュース
» 2008年02月12日 13時46分 UPDATE

Apple、Mac OS X 10.5.2 Updateを公開

「Security Update 2008-001」も含まれる。

[ITmedia]

 米Appleは2月11日、Mac OS X 10.5“Leopard”のアップデート「Mac OS X 10.5.2 Update」を公開した。複数のセキュリティパッチ「Security Update 2008-001」も含まれる。

 更新の対象はMac OS X 10.5および10.5.1のユーザー。ソフトウェア・アップデートと単体インストーラが用意されている。

 AirMacの信頼性および安定性向上、「どこでもMy Mac」の他社製ルータサポート追加、Active Directoryドメイン問題修正、Finderをはじめとする主要アプリケーションの機能向上および不具合修正などが施された。

 セキュリティに関しては、SLPおよびSambaのバッファオーバーフローの問題、Time Machineのバックアップから削除したアプリケーションが起動してしまう問題、ターミナルの入力認証問題などが修正されている。

 Security Update 2008-001は、Mac OS X 10.4向けにも提供されている。

関連キーワード

Mac OS X | Apple | セキュリティ | Leopard


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -