ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2008年02月13日 08時41分 UPDATE

Google、OpenSocial対応でorkutの外部アプリを利用可能に

GoogleのSNS、orkutで、サードパーティーのアプリケーションを利用可能にすることにより、ユーザー数の増加を目指す。

[ITmedia]

 米Googleは2月11日、ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)orkutにおいて、外部開発者によるアプリケーションをユーザーに提供すると発表した。今後数週間で、orkutユーザー数を5000万人以上に拡大するためという。

 同社によれば、現在開発者はorkut上でのアプリケーションの記述やテストを行っている。OpenSocialを利用する開発者は、制作したアプリをGoogleのサイトから投稿できる(2月15日まで)。ユーザーへの提供は、今月末から開始する予定だ。

 Googleは開発者向けに、技術サポートやトレーニングを提供する。2月14日、15日の2日間、米カリフォルニア州マウンテンビューのGoogle本社で「orkut hackathons」を実施する。

関連キーワード

Google | OpenSocial | SNS | API


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.