ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2008年02月13日 20時50分 UPDATE

YouTube使ったプロモを支援 2万再生で60万円

[ITmedia]

 オプト子会社の葵オプトビジュアルマーケティングとウェブスタージャパンは2月13日、「YouTube」など動画共有サイトを活用したプロモーションの支援サービスを始めた。

 (1)動画共有サイトとブログなどを組み合わせたプロモーション企画提案(100万円から)、(2)「動画サイトで好まれるコンテンツを制作する」という動画制作サービス(100万円から)、(3)動画視聴回数による成功報酬型コンサルティングサービスを提供する。(3)の費用は動画の再生回数によって異なり、2万回(期間1カ月)で60万円、4万回(期間1カ月)で112万円など。

 08年12月末までに100件の取り扱いを目指す。当初はYouTubeのみだが、今後要望があれば「ニコニコ動画」など他動画共有サービスに広げていきたいとしている。

関連キーワード

動画共有サービス | YouTube


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.