ニュース
» 2008年02月15日 19時01分 UPDATE

日立子会社から火力発電所情報がWinny流出

日立製作所は、同社が受注した東京電力と中部電力の火力発電所に関する報告書類が、業務委託先の子会社社員の私用PCからWinnyネットワークに流出したと発表した。

[ITmedia]

 日立製作所は2月14日、同社が受注した東京電力と中部電力の火力発電所の試運転に関する報告書類が、業務委託先の子会社・バブコック日立社員の私用PCから、Winnyネットワークに流出したことが分かったと発表した。

 流出したのは、東京電力姉崎火力発電所3号機と、中部電力碧南火力発電所2号機の試運転に関する報告書類。12日までに判明した。Winnyウイルスに感染して流出したとみられている。

 情報内容を確認・検証した結果、「発電所の安全に影響を及ぼすような情報は含まれていない」としている。

関連キーワード

Winny | 日立製作所 | 東京電力


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -