ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2008年02月15日 20時07分 UPDATE

Yahoo!買収問題は「インターネットの将来性の高さの証明」──楽天・三木谷社長

「資金をかけて買収しようという会社が複数あるということは、それだけインターネットの将来性が高くみられているということでは」──Yahoo!買収問題について楽天の三木谷社長はこう評した。「ネット企業の株価は低すぎる」とも。

[ITmedia]
photo 三木谷社長

 楽天の三木谷浩史社長は2月15日の決算発表会で、米Yahoo!の買収をめぐる一連の動きについて「多額の資金をかけて買収しようという会社が複数あるということは、それだけインターネットの将来性が高くみられているということでは」と話した。

 「正直言ってウチは関係ないので、やじ馬的に見ている」とした上で、Yahoo!買収を仕掛けた米Microsoftに加え、米News Corp.もYahooの提携先として浮上してきた現状を冒頭のように評した。その上で、将来性からすると「ネット株はディスカウントされ過ぎだと思うし、もっと高くてもいい」とも。

 同日発表した2007年12月期の連結決算は、営業利益が前期比で99.6%減の1億1800万円にとどまった。信販子会社・楽天KCで利息返還請求引当金を一括で計上したため。

 売上高は5.2%増の2139億円。楽天KCのクレジット事業譲渡や楽天証券の減収などから、伸び率は小幅にとどまった。経常利益は92.2%減の23億7600万円。純利益は、Ctrip.com株式の売却益を計上した結果、前期から14倍弱の368億9800万円になった。

 楽天KCの引当金は業界トップクラスの6.9年分に当たるといい、「決算の見かけは悪くなるが、その分今後は発生しない」。関連費用を差し引いた場合の連結営業利益は345億円(前期実績は291億円)になり、一時的要因を除けば順調に成長していると説明した。

 NTTドコモと共同で始めた楽天オークション事業は、14.5億円の売上高に対し営業赤字が18.4億円と、前期から営業赤字は拡大した。三木谷社長は「取引件数は伸びている。課金していないので、件数が伸びれば赤字になっていく」と説明。今後は課金を検討し、「今年中に水面上に浮上する」と話した。

関連キーワード

楽天 | 三木谷浩史 | 楽天市場


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.