ニュース
» 2008年02月15日 20時41分 UPDATE

京大、61.2TFLOPSスーパーコンピュータを導入 クアッドコアOpteron採用

京大の次期スパコンを富士通が受注。クアッドコアOpteron搭載HPCサーバによる大規模クラスターで、理論ピーク値は61.2TFLOPS。

[ITmedia]

 富士通は2月15日、京都大学から次期スーパーコンピュータシステムを受注したと発表した。クアッドコアOpteronを搭載したHPCサーバによる大規模クラスターで、理論ピーク値は61.2TFLOPS。

 京大と筑波大学、東京大学で共同策定した「T2Kオープンスパコン仕様」に基づき構築する。富士通のHPCサーバ「HX600」×416台で構成し、1台当たりクアッドコアOpteronを4基搭載する。

 富士通が開発した並列処理ソフトウェア「Parallelnavi」により、システム全体を統一的なインタフェースで操作・管理でき、運用負担を軽減できるという。またサーバ単位だけでなく、CPUやCPUコア単位でスタンバイモードに切り替えられ、消費電力の削減が可能だとしている。

 サブシステムとして「SPARC Enterprise」×7台による大規模SMPクラスタ演算サーバと、800Tバイトのストレージも構築する。演算サーバとファイル入出力制御装置の接続はInifiniBandを採用する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -