ニュース
» 2008年02月18日 16時42分 UPDATE

Amazonのストレージサービスで障害

Salesforce.comやBlackBerryに続き、今度はAmazonのS3サービスで障害が起きた。

[ITmedia]

 米Amazon.comが提供するオンラインストレージサービス「S3」に障害が起き、多くの顧客が影響を受けた。

 S3は、企業がオンライン上にデータを保存できるサービス。Web経由でいつでもどこでも利用でき、安価な点を売りにしている。S3を含むAmazonのWebサービスは、33万人を超える顧客が利用している。

 2月15日午前5時から、AmazonのWebサービスフォーラムでS3で障害が起きているという報告が相次いだ。多くの顧客がアクセスできない、あるいはアクセスが遅いと苦情を訴えた。Amazonは午前7時過ぎにこの問題を解決した。

 Amazonはこの問題の原因について、認証リクエストが急増して対応できるキャパシティを超えたと説明している。この種のリクエストは暗号化されているため、ほかのリクエストよりもリソースを多く使う。

 同社は再発防止策として、認証リクエストの割合の監視強化、認証サービスのキャパシティ増強などを挙げている。サービスの状況が分かるダッシュボードの作成も開始しており、間もなくリリースするという。

 Salesforce.comやBlackBerryなど、最近オンラインサービスの障害が相次いでいる。Amazonのフォーラムに投稿したあるユーザーは、今回の件を受けて「フェールセーフを用意しておかなければならない」と忠告している。

関連キーワード

Amazon | ストレージ | Webサービス


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -