ニュース
» 2008年02月19日 14時23分 UPDATE

ソニー、中大型有機ELの技術開発加速 220億円設備投資

世界初の有機ELテレビを発売したソニーは、中大型有機ELの生産技術の確立に向けて220億円の設備投資に踏み切る。

[ITmedia]

 ソニーは2月19日、中大型有機ELパネルの生産技術確立に向け、約220億円の設備投資を2008年度下半期から行うと発表した。09年度の生産技術確立を目指す。

 ソニーモバイルディスプレイ東浦事業所(愛知県東浦町)に、600×720ミリガラス基板対応のTFT工程・EL成膜設備を増強する。

 同社は昨年12月、世界初の有機ELテレビ「XEL-1」を発売した。「将来、テレビを含めたAV 機器の用途を大きく拡張する新しいデバイス」と位置付け、技術開発を加速する。

関連キーワード

有機EL | ソニー


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -