ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2008年02月21日 08時51分 UPDATE

AMD、APLライブラリを「Framewave」としてオープンソース化

AMDが3200種以上のソフトウェアルーチンが含まれるアプリケーション性能最適化ライブラリをSourceForgeで公開した。

[ITmedia]

 米AMDは2月20日、アプリケーション性能最適化ライブラリ「AMD Performance Library(APL)」をオープンソース化し、「Framewave version 1.0」とすることを明らかにした。開発プロジェクトへの参加をデベロッパーコミュニティーに呼び掛けている。

 これまでの約3年間にわたる開発の結果、APL(現Framewave)には現在3200種以上のパフォーマンス最適化ソフトウェアルーチンが含まれており、デベロッパーはx86プロセッサプラットフォーム向けに、高度に最適化したマルチスレッドアプリケーションを容易に開発することができるという。またIntel Integrated Performance Primitives(IPP)と互換性を持つ。

 FramewaveはSourceForgeでダウンロードできる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.