ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2008年02月21日 08時57分 UPDATE

Xbox LIVEで「コミュニティー発」のオリジナルゲーム配信

ユーザーが開発したゲームが加わることで、Xbox LIVEで楽しめるゲームの数は、年末までに1000タイトル以上に倍増する見通しだ。

[ITmedia]

 米Microsoftは2月20日、米サンフランシスコで開催のGame Developers Conference(GDC)で、「コミュニティー発」のオリジナルゲームがXbox LIVEで楽しめるようになると発表した。オリジナルゲームは年末までに配信開始となる予定で、Xbox LIVEでアクセスできるゲームの数は、1000本以上になり、現在の2倍に増えるという。

 Xbox LIVEで公開するのは、同社のゲーム開発ツールXNA Game Studioを使い、XNA Creators Clubのメンバーが開発したゲーム。レビュープロセスにより妥当性などを評価した上で、配信する。このプロセスのβテストを春に開始し、Xbox LIVEユーザーへのゲームの配信は年末までに開始する予定。これに先立ち、ゲーム開発ツール「XNA Game Studio 2.0」を活用して開発された「コミュニティー発」ゲーム7種をリリースする。

 「ゲーム業界が、すべてのクリエーターに門戸を開く時が来た」とMicrosoft。「デジタル音楽や動画の共有と同じように、ゲーム業界にクリエイティブでソーシャルな改革をもたらすことが目標だ」としている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.