ニュース
» 2008年02月22日 08時37分 UPDATE

Google、「ビデオ用AdSense」をβ公開

YouTubeで使用している広告フォーマットを採用。また、ビデオや掲載サイトの内容に合わせたテキストオーバーレイ広告も配信できる。

[ITmedia]

 米Googleは2月21日、ビデオ用の広告サービス「AdSense for video」のβ版を一部パブリッシャー向けに公開した。同社傘下のYouTubeで使用している広告フォーマット「InVideo」によるビデオ広告配信のほか、サイトやビデオの内容に合わせて表示するテキストオーバーレイ広告の配信も可能。

 Googleは、2007年5月にAdSense for videoの試験運用を開始して以来、さまざまな広告フォーマットを試した結果、InVideoの活用を決めたとしている。InVideoは動画再生中、画面右下にロゴを入れたり、プレーヤーの枠上にURLのリンクを入れたりなど、邪魔にならない広告表示が可能という。テキストオーバーレイ広告も、邪魔にならないよう動画再生画面の下部20%に表示される。

adsense

 InVideo広告は「CPM(インプレッション単価)」方式、テキストオーバーレイ広告は「CPC(クリック単価)」方式での課金となる。同社は、IPTVの米Brightcoveやオンライン広告ネットワークの米YuMeなどと提携し、各社のビデオプラットフォームでビデオ広告の配信を行うことも明らかにしている。

 AdSense for videoの広告配信を受けられるサイトは、現在のところ、ビデオ配信件数が月間100万以上の米国サイトのみとなっている。

 Googleは併せて、パブリッシャーや広告主向けの新サイト「Google Video Advertising Solutions」を開設。ビデオ広告に関するさまざまなオプションについて説明しているほか、説明ビデオへのリンクも掲載している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -