ニュース
» 2008年02月22日 18時52分 UPDATE

ブログで海賊版販売の男を逮捕

ブログで海賊版ソフトを販売した疑いで、男が逮捕された。「Share」を使ってソフトを入手し、海賊版を作成していた。

[ITmedia]

 コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)によると、北海道警は2月22日、ゲームソフトの海賊版などを販売したとして、著作権法違反の疑いで神戸市の会社員の男(33)を逮捕した。男はブログを通じて客を募っていた。

 調べでは、9月23日から12月21日ごろ、「信長の野望・革新 with パワーアップキット」(コーエー)と「一太郎2007特別優待版」(ジャストシステム)を無断で複製したCD-R3枚を、札幌市の男性など3人に980円で販売した疑い。

 男は昨年3月ごろから、ファイル交換ソフト「Share」を使ってソフトを入手し、海賊版を作成。「【衝撃プライス】PCソフトウェア」「★ソフトウェア激安販売★」など7つのブログを開設し、海賊版のリストを掲載して客を募っていた。

 「【衝撃プライス】PCソフトウェア」では約300タイトルの海賊版を1000円〜4000円で販売。「小遣い稼ぎ」のためといい、これまでに約400万円を売り上げたと供述している。美唄署が海賊版を購入した人から相談を受け、ACCSに連絡して分かった。

 ACCSはこのほかに、男が「エンカルタ 総合大百科2007」の海賊版を販売していたことも確認しており、販売元のマイクロソフトが告訴を予定している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -